このエントリーをはてなブックマークに追加

身内の葬儀は大変

不謹慎な話かも知れないですけど、他人の葬儀に参列するとかなら礼儀というかマナーや服装、そして焼香の仕方とかそういう一応の社会常識的な知識さえ仕入れておけば対応できるけど、自分ではなく家の場合は兄が父の葬儀を出したのですが、もう大変でしたね。と言うのも先立つものは、やはりお金です。こういうのもネットで調べられる時代にはなったけど、一応葬儀の予算というか、相場みたいなのはすぐに分かった。問題はそれからで、まだ父はその頃入院中だったのですが、もう食事も自力では摂れないって事で準備だけはしておこうって思ったんですよね。一番の問題は、父が生命保険に入ってくれてなかったって事なんですよ。お葬式代くらいでも残すって事で払ってくれてれば良かったのに、いつの間にか解約していて入院と同時に調べてみたら、なんと入っていたのは傷害保険のみ。つまり、病気で死亡しても一銭も出ないってやつだったんですよね。とにかく安く済ませようと思って、県内のちょっと遠いところに見積もりをお願いしたのだけど、全く無理でした。どうやら斎場だとか、そういったのが地域の葬儀屋さんでビッチリガードされているらしく、他所の葬儀屋さんが入り込む隙がないみたいな感じだったんですよね。仕方なく、兄が入っている消防団の人の中に葬儀屋がいたので、少しでも安くってお願いしました。30万ぐらい足が出ましたが、なんとかはなりましたけど、とにかく決まるまではお金の工面も含めて本当に困りました。

注目の葬儀。便利なココでチェックしてみてください

Search
Copyright (C)2017葬儀・葬式のスピーチ文を書くコツ.All rights reserved.