このエントリーをはてなブックマークに追加

シンプルな家族葬で

3年ほど前に私の叔父が亡くなりました。喪主を従兄がつとめたのですが、従兄は私と同じくまだ30代のため葬儀というものに慣れておらず、色々と相談を受けました。

相談に乗るといっても私の方も葬儀についてはてんでわからないので、2人で「これでいいよね?」という感じで「何となく」で全てを決めて行きました。

最初は葬儀屋さんが「皆さん、こうなさいます。」と言ってくるのでそういうものかと思って勧める物を購入しようかとも思ったのですが、金額を聞くと目玉が飛び出そうな金額ばかりだったので、すべてカットしてもらいました。

そもそも叔父にはかなりの額の借金があったので、できるだけリーズナブルに済ませようと思っていました。ビックリしたのは戒名です。名前が長くなると30万円、短いと10万円と言われました。

あんな木の板に少し長めに文字をくっつけるだけで30万円ももらえるなんていいなぁと不謹慎ですが思ってしまいました。

最近は葬儀のあり方について疑問をもつ人も多く、家族葬などのシンプルな葬儀を行う人も増えているとテレビでやっていました。

私が死ぬ時も、できれば家族には負担をかけずシンプルな葬儀で十分だと考えております。
Search
Copyright (C)2017葬儀・葬式のスピーチ文を書くコツ.All rights reserved.